利用規約

第1条(利用規約)

  1. この利用規約(以下「本利用規約」といいます)は、株式会社マイナビ(以下「当社」といいます)が提供する「薬剤師キャリアナビ」(以下「本サイト」といいます)を利用するすべての方(以下「利用者」といいます)に適用されます。
  2. 本サイトを利用するにあたり、利用者は、本利用規約の規定に同意し、遵守するものとします。また、利用者が本サイトを利用したことをもって、本利用規約のすべての規定に同意したものとみなします。なお、利用には、本サイトへのアクセスや当社とのメールその他の方法によるコミュニケーションの実施等を含みますが、これに限られないものとします。
  3. 本サイトは、医療系有資格者向けの求人情報を検索するためのサイトです。求人への応募は、「マイナビ薬剤師」の利用規約に従うものとし、個人情報の取扱いについては『個人情報保護方針』をご確認ください。

第2条(通知)

  1. 当社は、本サイト上に表示することにより、利用者に対し必要な事項を随時通知します。
  2. 前項の通知は、当社が当該通知の内容を本サイト上で表示した時点より、効力を生じるものとします。

第3条(利用者の責任)

  1. 利用者は、利用者自身の責任において本サイトを利用するものとし、本サイトを利用してなされた利用者の行為およびその結果について、当社に何ら不利益、負担または損害を与えないものとします。万一、当社が利用者の行為に起因して何らかの不利益、負担または損害を受けたときには、利用者は、当社に対し、かかる不利益、負担または損害を賠償するものとします。
  2. 利用者は、本サイトの利用により第三者に対して損害を生じさせた場合、すべて利用者の責任において解決し、当社は一切の責任を負わないものとします。

第4条(免責)

  1. 当社は、アクセス過多、ウィルス被害、天変地異等、予期せぬ要因に基づく本サイトの表示速度の低下や障害、データの変更、データの抹消等によって利用者に生じたいかなる損害について、一切の責任を負わないものとします。
  2. 求人企業・施設における個人情報の取扱いも含めたすべての行為は、当該求人企業・施設の責任に基づくものであり、当社は一切の責任を負わないものとします。
  3. 当社は、本サイトの利用によって、就職・転職・アルバイトが実現することを何ら保証するものではありません。

第5条(禁止事項)

  1. 利用者は、本サイト上において、以下に定める行為またはこれに該当するおそれのある行為を行ってはならないものとします。
    (1) 著作権・商標権などの知的財産権、プライバシー、名誉、肖像権、氏名権など他人の権利を侵害する行為。
    (2) 個人や団体を差別、批判、攻撃、誹謗中傷する行為。
    (3) 第三者または当社に不利益を与える行為。
    (4) 重複、虚偽の情報、または自己以外の情報を登録、告知、提供する行為。
    (5) 営業活動、営利を目的とする情報を提供するなどの行為。
    (6) 政治活動、選挙活動、宗教活動またはそれらに類する行為。
    (7) 本サイトを通じて入手した情報を、複製、販売、出版その他私的利用の範囲を超えて使用する行為。
    (8) 本サイトの運営を妨げ、または当社の信用を毀損する行為。
    (9) 暴力的な言動またはそれに類する行為。
    (10) 法令、公序良俗に反する行為。
    (11) 前各号に定めるほか、当社が不適切と判断する行為。
  2. 当社は、利用者が前項各号に定める行為を行った場合、事前の通知なく、本サイトの利用を制限および停止できるものとします。

第6条(本利用規約の変更)

当社は、本利用規約を随時変更することができるものとします。変更の内容については、本サイト上に表示した時点で、利用者により承諾されたものとみなします。

第7条(準拠法および管轄裁判所)

本利用規約は日本法を準拠法とし、本サービスおよび本利用規約に関して生じる一切の紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第8条(附則)

本利用規約は平成27年4月1日から施行します。


※Cookieの使用について
本サービスでは、利用者のプライバシー保護、利便性の向上、広告の配信、および統計データ取得のため、Cookie(クッキー)を使用します。なお、最適な広告表示のために、弊社の広告を表示・配信する他社サイトをドメインとするCookieを保存し、参照する場合があります。ただし、Cookieに個人情報は一切書き込まれません。
(注)Cookieとは、ウェブサイトの利用履歴やサーバーに送信した入力内容などを、利用者のコンピュータ(またはその他のウェブサイト閲覧に用いる装置)にファイルとして保存しておく仕組みです。利用者は、「Cookieをブロックする」などの設定によってCookieの使用を拒否したり、コンピュータに格納されたCookieを「閲覧の履歴の削除」機能で削除することができます。その際には、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合があります。